仮想通貨

【第二弾】RMGの追加情報と金の優位性

投稿日:2018年2月15日 更新日:

みなさんこんにちは、御厨怜です。

前回の「リアルミントゴールド」に関する記事ですが、大変多くの方に読んでいただき、たくさんの好評をいただきました事をこの場を借りて御礼申し上げます。

つきまして、「第二弾」を用意させて頂きました(`・ω・´)!

前回の記事をご覧ではない方はこちらからご覧ください!!

今回の記事は
・前記事「RMG」の情報の追加(RMのHPを頑張って和訳しました!!笑)
・今回フォーカスされた「金」の優位性

の二本立てでお送りいたします✧*。٩(ˊωˋ*)و✧*。

それでは早速参りましょう!!!(`・ω・´)

RMGに関する追加情報

「錬金術!?!?勝手に金が増えていく!!  」

このタイトルを読んで「胡散くさい」と思った方、おられますよね?(`・ω・´)
ノウノウ、胡散くさくありませんよ((´∀`*))
これ、本当なのです。

以前の「Enigma」の記事で

“PoSというコンセンサスアルゴリズムのコインはPCを起動しているだけで増える”

という話をしました(*´ω`*)

なんと、ななんと、ななななんと、この「RMG」も“PoS”を採用しているのです。

前の記事で「金≒RMG」であるという認識は持って頂けたと思います。
つまり、「PoSを採用している為、RMGは増やすことが可能」であるという事は「金を増やす事ができる」と言っても過言では無いでしょうし、これはある意味で

「錬金術」

と言えるでしょう!!!
あくまでも、RMGはロイヤルミント社によって上限の定められた仮想通貨なので、条件付きですけどね( ・᷄д・᷅ )

この情報はロイヤルミント社のホームページのRMGの専用ページにて明記されています。
詳細を引用しておきます(*´ω`*)

“Prova for RMG® is a permissioned blockchain protocol. Many of the blockchain consortiums that build private blockchains for financial institutions and other enterprises follow this model.
A permissioned blockchain restricts the actors who can contribute to the consensus of the system state. In a permissioned blockchain, only a restricted set of users have the rights to validate the block transactions.
Permissioned blockchains do not have to use the computing power based mining to reach a consensus, as all the actors are known.
Permissioned blockchains work to a Proof of Stake model (PoS) for reaching consensus instead. Proof of stake mining asks users to prove ownership of a certain amount of currency (their “stake” in the currency). Instead of buying computers and electricity for mining in a Proof of Work system, a PoS system uses the capital to acquire assets that allow you to validate transactions”

金より良い!?RMGのメリット

みなさんは金による資産運用のデメリットはご存知でしょうか?

今やネット社会。
然るべき資産運用会社で買いさえすれば、インターネットを用いていつでも売買することができます。
金は重たく、嵩張るというデメリットがありますがその点はこのように解消されているでしょう。

それではデメリットは何か。

それは”

①配当などの報酬が無い
②他の資産取引への切り替えに手間がかかる

という事が挙げられるでしょう。

一般的に株などの金融商品を購入すると、”配当”として、保有数に応じて報酬が配布されます。
しかし、金の場合はそのような報酬がありません。

また、金は株や仮想通貨のように「すぐに売って別の銘柄をすぐに買う(ex.BinanceやコインチェックでBTCを売ってXRPを買う等)と言ったことが出来ず、他の金融商品を買う際には

①一度金を売却し
②現金化し
③出金して…

という風にいくつかの手順を踏む必要があります。これでは円滑な取引ができませんよね(´・ω・`;)

また、配当は仮想通貨には一部の特殊なもの(ex.KCS)を除き存在しませんが、取引のシステムは株式と同様な為、いつでも好きなタイミングで別の通貨への乗り換えが可能です。
(仮にRMGがマイナー取引所に上場しても、仮想通貨の取引所は資金移動が速いので安心です!)

また金資産の場合、全てではありませんが「管理手数料」や「保管費用」を求められる事もありますが、RMGにはそうしたものは無いと、以下のように公式ホームページにて明記されています。

“The value of RMG® is closely tied to the gold spot price. However, unlike with traditional gold investment RMG® has no storage or management fees to erode the gold’s value, and operates in a transparent market with investors having the ability to trade RMG® with real-time pricing (on a dedicated Digital Asset Trading Platform).”

これらの事を踏まえると、金を保有するよりもRMGを保有する方がフレキシブルな動きが可能であると言えると思います(*´ω`*)

逆相関!?避難所どころの騒ぎではない!?金とBTCの関係!

みなさん、こちらの画像をご覧ください。

これは金とBTCのチャートを重ねた図になります。
まさかの逆相関関係になっています!!

これが何を意味しているか…
それは

“BTCが下がれば金を買い、金が下がればBTCを買う。これを繰り返すことで大きな利益を期待できる”

ということです!先述どおり現在は「仮想通貨⇄金」の円滑な取引はできません。しかし、このRMGの場合、そうしたことができるのです!!!

これは物凄いことだとは思いませんか?
RMGが発行される頃になってもこのチャートを維持しているかはわかりかねますが、この点は注視しておいて損はないでしょう!✧*。٩(ˊωˋ*)و✧*。

なぜ金がいいの?

前回から今回に渡り、わたしは
「金はいいよ!だから、RMGも良いんだよ!!期待値が高いよ!」と申し上げてまいりました。

前回の記事で「希少価値が高く、産出に際限があり、世界的に認知されている」と”資産”としての価値を指摘致しましたが、今回は「経済システム」という観点から指摘していきたいと思います!

今回も前回同様、歴史的な背景を追いながら、金が他のものよりも勝るその所以に迫って参りましょう!!╭( ・ㅂ・)و ̑̑ グッ !

基軸通貨である「ドル」は金の代わりだった!?

「ドルが金の代わりであった」という事実を理解するためには、ドルの歴史を学ばなければなりません(´-ω-`)
かるーーーく、おさらいしてみましょう!!

なぜドルが基軸通貨に?

時は1944年。
当時は第二次世界大戦の真っ只中であり、人類史上最大の戦禍によって経済は疲弊していました。
こうした経済を立て直す為、連合国陣営の国々はその中心国であったアメリカのニューハンプシャー州のブレトン・ウッズで経済会議を開きます。

その会議により、
「アメリカドルを基軸通貨とし、固定相場制を敷く」という決定がなされました。
固定相場制とは、現在のように日々為替が変動するのではなく、為替を固定してしまう制度です。
(ex.1ドル=35オンスと固定)

これにより、貿易はアメリカドルを軸に行われ、世界各国にドルが広がりました。
この体制を「ブレトン・ウッズ体制」と言います₍₍ (ง ˙ω˙)ว ⁾⁾

しかし、この体制は長くは続きませんでした。

当時のアメリカは金本位制を採用していた為、多くの国がドルを保有した事で大量の金が海外へ流出してしまったのです。

これに危機感を覚え金本位制を停止する事を発表し、世界に大きな衝撃を与えた事件が1971年の「ニクソンショック」です!

これにより、ドルは信用を大きく損なうことになりますが、アメリカは最大の軍事国家にして強大な経済圏を形成している国であった為、どの国の通貨よりも安定している事に変わりはありませんでした。
その為、金本位制を停止した後もドルは基軸通貨としての地位を維持する事ができ、今に至るのです(๑•̀ㅂ•́)و✧

本題!金の代わりとは?

もしかしたらすでにお分かりかもしれませんが、敢えて解説していきますねԅ( ˘ω˘ԅ)

このようにしてドルは基軸通貨となりました。ドルが基軸通貨となり得た所以は

・価値が安定していた
・金と交換できた

であったわけです。
つまり、これから「金が欲しいけど、便宜上ドルでいいや」といった心理を伺い知る事ができます。
前回からしつこいようですが、金は物理的に交易には不向きですからね笑笑

これらの事から、「ドルは金の代わりであった」と言えると思います✧*。٩(ˊωˋ*)و✧*。

金のこれから

昨今のアメリカは大変乱れています。それを受け、ドルの信用性を疑う声もだんだん高まってきたように思います。もし、ドルが崩壊するようなことがあれば代替通貨はありません。

そうなれば、世界経済は金を中心に回ることは必至でしょう。

加えて、わたしは昨日このような記事を目にしました。

 

「ロシアが金保有量を高めている」

 

実際、SBIゴールドの『ワールドゴールドカウンシル』によるとロシアは2017年第三四半期に63トンの金を購入しており、この期の中央銀行の買い付けの57パーセントを占めています。これはアメリカ経済からの脱却のための布石なのかどうかはわかり兼ねますが、こうした動きが市場に影響を与える可能性は十分にあるとわたしは考えており、ますます金への注目が高まるのではないかと思います。

 

終わりに

二回にわたっての「ロイヤルミントゴールド(RMG)」と「金」についてのご紹介となりましたがいかがでしたか??

少ししつこかったでしょうか・・・・。

ご安心ください!!次回はガラッと色のことなる有益な情報をお送りいたします!!

また、現在ロイヤルミント社にRMGについてとある問い合わせをしています。返答があり次第、得られた情報は記事の最後に付録として掲載いたしますので、ご覧になっていただければ幸いでございます。

 

 

 

このサイトについて

検索

このサイトについて

検索

-仮想通貨

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Rippleのこと、みなさんどれくらい知ってますか??

みなさんこんにちは、寝ぼけてインクボトルを倒し、机の上が世紀末の様相を呈している御厨怜です。朝からこんな気持ちです。 フランシス・ベーコン「ベラスケスによるインノケンティウス10世の肖像画後の習作」 …

行動経済学・ゲーム理論に学ぶ仮想通貨市場

みなさんこんにちは、御厨怜です。 みなさんは気絶(ガチホ)タイプですか? それとも、トレードタイプでしょうか?? ちなみにわたしはこの半年、仮想通貨との向き合い方は基本的には気絶タイプでした_(┐「ε …

仮想通貨で株取引!?–Zeus取引所–

みなさんこんにちは、御厨怜です。 BTC、ものすごく元気ですね!! あまりにも元気で、BTC建のアルトコインや草コインがみるみる吸われています()´д`()ゲッソリ・・・ しかし、何と言ってもBTC …

金本位制!?ロイヤルミントゴールド(RMG)とは?

みなさんこんにちは、御厨怜です。   ようやく、仮想通貨のチャートが軒並み回復してきましたね(*´ω`*) いやはや長かった…これからどのようになるかは分かりませんが、この上昇トレンドはわた …

~ENG (Enigma)とは~

みなさんこんにちは、御厨怜です。 突然ですが、皆様はどのような仮想通貨を保有しておられますか? きっと、 「わたしは少額ずつ低位アルトコイン(草コインとも呼ばれますね笑)を30種類持ってるよ!!」 「 …

2018年2月
     
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

アーカイブ

仮想通貨

情報技術者への道

雑談

御厨怜Rei Mikuriya

2017年夏、仮想通貨に参入。

趣味は古典芸能鑑賞と紅茶集め。

Twitterアカウント

本垢:

https://twitter.com/Rei_Mikuriya

 

別垢

https://twitter.com/Rei_Mikuriya_HF